何かに感染したかも?というより、本当に感染した経験談です。

パソコンに何かに感染したかも?と思った経験談
パソコンに何かに感染したかも?と思った経験談
パソコンに何かに感染したかも?と思った経験談

何かに感染したかも?というより、本当に感染した経験談です

● 39歳 女性
何かに感染したかも?というより、本当に感染した経験談です。
幸いに、というのは語弊がありますが、私個人の端末ではなく、学生時代の講座の共有のものが、USBメモリを介してウイルスに感染したのです。
ウイルスの出所は別の講座で、結局学科中が感染することになりました。

それに最初に気づいたのは私を含む同じ講座の学生3人だったのですが、自分たちの指導教官、情報リテラシ担当の教授(皮肉にも彼の講座がウイルスの出所でした)や、パソコンに詳しそうな若い先生に相談しても、まともに取り合われず、「大人」はあきらめて、自分たちで情報を集めて自衛するしかありませんでした。
とりあえず、ウイルス感染の事実、USBで感染すること、USBの初期化とウイルス駆除など、学生に情報を流し、各自の判断で自衛を呼びかけました。

すぐに反応した人もいましたが、教官が動かないので相手にしてくれない人も多く、完全には駆除されないので、USBの使用に注意し、自衛に努めました。
その後終息までにはかなりの期日を要したようです。
今思っても、情報リテラシの重要性を口先だけ言っている学校や、教官の危機感の足りなさには愕然とするものがあります。